ランナー膝の治療

ランナー膝とは?

 

ランナー膝は、膝の外側部分に発生する
痛みのことを総称して呼びます。

 

正式名称は腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)と言います。

 

ランナーズニーとも呼ばれていて、
ランニングによって発生することが多いです。

 

 

太ももの外側には、
太ももが外にずれないように
大きな筋肉が存在しています。

 

お尻に大腿筋膜張筋というものがあり、
そこに腸脛靭帯がくっついています。

 

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯は、
お尻からスタートして膝の外側にくっつく、
とても大きな筋肉になっています。

 

 

過剰にトレーニングを行ったり、
ランニングやジョギングを長時間行うと
膝に負担が入るようになります。

 

大腿筋膜張筋や腸脛靭帯に負担が加わり、
最終的にくっついている骨の部分を
グイグイ引っ張るようになります。

 

筋肉が関節を引っ張ることで、
靭帯が引き伸ばされたり
関節に摩擦が発生して発熱します。

 

このように症状が発生したものを、
ランナー膝・ランナーズニーと呼びます。

 

 

 

膝に症状が出ていますが、
けっして膝の怪我ではなくて、
太もも全体の怪我だと思ってください。

 

 

他のサイトでも、医学書でも、
膝の痛みだと書かれています。

 

それは、あくまでも教科書的な内容で、
実際に治療が必要になるのは、
太もも全体ですし膝も治療する必要があります。

 

ときには、ふくらはぎやスネなど、
膝よりも下の部分を治療することも必要です。

 

下半身全体の症状が、
膝の外側に集まってきた、
そんなイメージの怪我になります。

 

 

まったく改善されない患者さんほど、
このことを知らない・理解していない方に
治療を受けている可能性があります。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

ランナー膝の原因

 

ランナー膝は走り過ぎたり、動き過ぎたりと
繰り返し動かすことによって発生します。

 

膝の曲げ伸ばしとはあまり関係なく、
上記の通り、太ももの使用方法によって
痛みの増減が決定します。

 

太ももにどれだけ負担をかけているか、
太ももにどんなダメージが入っているかで、
症状の出方が変わってきます。

 

 

まったく同じ運動量、
まったく同じ体型の患者さんでも、
症状の出方は変化があります。

 

ものすごく痛みが出ている方と、
まったく痛みが出ていない方、
はっきりと分かれています。

 

 

痛みが出ている方ほど、
太ももにダメージが強く入っています。

 

膝の部分はアイシングしていたものの、
それ以外の部分をアイシングしなかったために、
症状が悪化してしまう方もいらっしゃいます。

 

くどいくらいに何度も書かせてもらいますが、
ランナー膝は膝の怪我ではなくて、下半身全体の怪我です。

 

下半身全体を治療すること、
下半身全体をアイシングすることが、
とても重要なポイントになります。

 

 

「使いすぎ」という言葉にくくられて、
実際に患者さんは「膝の使いすぎ」だと
思ってしまうことが多いです。

 

膝を使いすぎると骨が変形しますが、
ランナー膝では、余程のことがない限り
骨自体は変形することはありません。

 

骨ではなくて周囲の筋肉・腱の症状、
手術が必要なレベルの場合は
骨の症状と考えてください。

 

症状の度合いによって、
状況が大きく異なります。

ランナー膝の注意点

 

ここまでお読み頂ければ、
もうお分かりかもしれませんが、
膝の怪我ではありません。

 

あくまでも膝の痛みが出ているだけで、
膝に原因があることは少ないです。

 

100人ランナー膝の方がいるとしたら、
95人位は太ももが関わっています。

 

膝の部分を打撲してしまったなど、
膝に直接原因がある方は、
非常に少ないと思います。

 

 

だから、膝だけを治療したり、
膝にシップを貼るだけでは改善されません。

 

医療者側の責任だと思いますが、
膝の湿布使用だけでは、
間違いなく治療効果は足りませんね。

 

やっと近年の医学書にも掲載されるようになり、
膝以外の部分にシップを貼るよう指導する
先生も少しずつ増えてきています。

 

それでも、昔の知識のままだと、
膝に治療を行うことが最優先されています。

 

 

どのような治療スタイルなのかによって、
治療方法は大きく異なってきます。

 

でも世界標準の治療スタイルでは、
すでにランナー膝の原因は膝にない、
というのが一般的になっているんですね。

 

このことを知らない人に治療を受けると、
微妙な結果になってしまうことがあります。

 

フォームが崩れると慢性化する危険性がある

 

ランナー膝の怖いところは、
フォームが崩れてしまうことです。

 

フォームが崩れることでランナーズニーが発生し、
ランナーズニーが痛みを起こしてフォームを崩すという
最悪のスパイラルに突入してしまいます。

 

 

痛みが出ている段階で太ももの筋肉をマッサージしたり、
膝関節のマッサージを行って改善する必要があります。

 

筋肉をマッサージすることによって、
自然と状態が回復するようになりますし、
フォームが安定化しやすくなります。

 

 

正しいランニングフォームを身につけるには、
必ず指導者のもとでトレーニングを受けてくださいね。

 

どれだけランニングフォームの動画をチェックしても、
どれだけランニングフォームの知識を身につけたとしても、
ご自身が実践できているかどうかは把握できません。

 

頭の中ではうまくランニングできていても、
実際の走り方が崩れていることが多いです。

 

専門的な指導者の方に必ず指導を受けて、
ランニングフォームを固めるようにしてください。

 

スポーツを行った後は必ずアイシングを行うこと

 

スポーツを行った後は、
膝の外側&太もも全体をアイシングしてください。

 

ランナー膝は、太腿の筋肉が膝関節を引っ張ることで、
膝に炎症が発生する症状のことを言います。

 

炎症が発生している場合には、
必ず患部をアイシングする必要がありますし、
患部周辺の筋肉もアイシングする必要があります。

 

膝関節だけをアイシングするのは不十分で、
必ず膝関節の上下、太ももやスネもアイシングしてください。

 

 

炎症というのは火傷のようなものです。

 

膝関節が慢性的に腫れてしまって、
患部が熱くなって火傷のようになっています。

 

ランナー膝のような慢性スポーツ障害の場合、
見た目は変化がないことが多いですが、
皮膚の下は火傷した状態になっています。

 

筋肉が関節を引っ張って、
摩擦が起こり熱が発生します。

 

見た目では分かりにくいですが、
関節に大きなダメージが入っています。

 

 

一般的な火傷の場合、
誰もがアイシングを行いますよね。

 

温めてしまうと症状が悪化しますが、
スポーツ後に発生する炎症の場合も
温めると悪化するケースが多いです。

 

必ずアイシングを行って、
摩擦による炎症を抑えてください。

 

ランナー膝を改善するには?

 

まず最低限な部分ですが、
膝だけでなく下半身全体を治療してくれる、
しっかりとした先生に治療を受けてください。

 

できれば、腰から下半身の治療を
一緒に行ってもらうと良いですね。

 

僕の治療スタイルでも、
下半身を痛めている患者さんに対して、
ほとんどの場合、腰も一緒に治療します。

 

腰に負担が入っていることも多いので、
一緒に治療することが必要になります。

 

 

同時に、セルフケアが重要になる症状です。

 

サポーターをしっかりと着用して、
症状が出にくい環境を作り出すことが、
ランナー膝回復の大きなポイントになります。

 

どれだけ湿布を貼っていても、
どれだけ痛み止めを使用していても、
原因が存在すれば改善されることはありません。

 

原因をどのように取り除くか、
原因の負担をどれだけ最小限に抑えるか、
これがランナー膝の場合、重要になってきます。

 

 

サポーターを使用することで、
症状の回復を図るだけでなく、
原因の回復予防を行うことができます。

 

衝撃吸収することもできるので、
負担の軽減につながります。

 

ダメージの大きい患者さんほど、
激しい動きを行う患者さんほど、
サポーターが有効になってきますよ。

ランナー膝でお困りの方へ